全国遺族年金相談センター|事実婚、内縁の妻の申請をサポート

全国遺族年金相談センター

【対応地域】 全国対応

0120-994-915

電話受付時間 : 平日9:00~20:00 土日祝9:00~17:00 年中無休

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

妻が遺族年金を受給する場合、いくらぐらいもらえますか?

A.個々の年金の加入状況により異なりますので、一概にいくらと言えません。おおよその受給パターンは、下記をご参照ください。なお、詳細な年金額は年金事務所にお尋ねください。

1.遺族基礎年金

配偶者との間に
①18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
②20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子

がいれば、遺族基礎年金が支給されます。

なお、上記の子がいない場合は、遺族基礎年金は支給されません。

遺族基礎年金の支給額

基本額 加算額 合計額
妻+子が1人 77万2,800円 22万2,400円 99万5,200円
妻+子が2人 77万2,800円 44万4,800円 121万7,600円
妻+子が3人 77万2,800円 51万8,900円 129万1,700円

※子の加算 第1子・第2子 各 222,400円  第3子以降   各  74,100円
※子とは次の者に限ります
①18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
②20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子

2.遺族厚生年金

遺族厚生年金の支給額

老齢厚生年金の報酬比例部分の額の4分の3

(例:亡夫の老齢厚生年金額が100万円の場合  100万円×4分の3=75万円 )

※遺族基礎年金と異なり、配偶者との間に子がいなくても請求できます。

中高齢の加算額について

次のいずれかに該当する妻(事実婚を含む)が受ける遺族厚生年金(※)には、40歳から65歳になるまでの間585,100円(年額)が加算されます。これを中高齢の加算額といいます。

①夫が亡くなったとき、40歳以上65歳未満で、生計を同じくしている子がいない妻

②遺族厚生年金と遺族基礎年金を受けていた子のある妻(40歳に達した当時、子がいるため遺族基礎年金を受けていた妻に限る。)が、子が18歳到達年度の末日に達した(障害の状態にある場合は20歳に達した)ため、遺族基礎年金を受給できなくなったとき。

※長期要件(老齢厚生年金の受給権者または受給資格期間を満たしている方が死亡したとき)の事由による遺族厚生年金の場合は、死亡した夫の厚生年金保険の被保険者期間が20年(中高齢者の期間短縮の特例などによって20年未満の被保険者期間で老齢厚生年金の受給資格期間を満たした人はその期間)以上の場合に限ります。

Return Top