全国遺族年金相談センター|事実婚、内縁の妻の申請をサポート

全国遺族年金相談センター

【対応地域】 全国対応

0120-994-915

電話受付時間 : 平日9:00~20:00 土日祝9:00~17:00 年中無休

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

内縁の夫の遺族厚生年金はいつまでもらえますか?

A.亡くなるまでもらい続けることができますが、下記の失権事由に該当する場合は、失権します。

① 死亡したとき
② 婚姻したとき(事実婚も含む)
③ 直系血族または直系姻族以外の者の養子になったとき(事実上の養子縁組関係を含む)
④ 離縁によって死亡した被保険者との親族関係が終了したとき
⑤ 30歳未満で遺族厚生年金のみ受給している妻(子がいない妻)が受給権発生から5年を経過したとき
⑥ 遺族基礎年金と遺族厚生年金を受給している妻(子がいる妻)の場合、30歳に到達する日前に遺族基礎年金の受給権が消滅すると、その日から起算して5年を経過したときに失権します

※離縁とは養子縁組を解消することです。姻族関係の終了は含まれません。

注意!

1.今後、あなたが婚姻しなくても、事実婚の相手ができたら失権します。

2.中高齢寡婦加算は、65歳までです。

3.遺族厚生年金は、上記事由に該当しない限り、亡くなるまでもらえますが、あなたが65歳になった時に、あなたご自身の老齢厚生年金との間で調整が入ります。遺族厚生年金と自分の老齢厚生年金を二つとも満額もらえるわけではありません。また、あなたご自身の老齢厚生年金の金額が遺族厚生年金の金額よりも高額であれば、遺族厚生年金は支給停止となります。

Return Top