全国遺族年金相談センター|事実婚、内縁の妻の申請をサポート

全国遺族年金相談センター

【対応地域】 全国対応

0120-994-915

電話受付時間 : 平日9:00~20:00 土日祝9:00~17:00 年中無休

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

内縁の夫の遺族厚生年金は、誰にもらえる権利があるのですか?

A.遺族厚生年金を受けることができる遺族は、内縁のご主人の死亡当時、内縁のご主人によって生計を維持していた下記の方となっています

第1順位

・配偶者(妻又は夫:夫は55歳以上)
・子(18歳年度末までの間にあるか、又は20歳未満で障害等級の1級若しくは2級に該当する障害の状態にあり、かつ、現に婚姻をしていないこと)

第2順位

・父母(55歳以上)

第3順位

孫(18歳年度末までの間にあるか、又は20歳未満で障害等級の1級若しくは2級に該当する障害の状態にあり、かつ、現に婚姻をしていないこと)

第4順位

・祖父母(55歳以上)

ポイント

①第1順位者に受給権があるときは第2順位以下の人は遺族厚生年金を受けられる遺族とはなりません

②先順位の人が受給権を失った場合でも、次順位の人は受給権を取得(転給)できません。

Q.一緒に生活していた内縁の夫が亡くなりました。私と夫の間には子はいませんが、夫には、すでに離婚した元妻との間に15歳の子供がいます。この場合、私は遺族年金をもらえるのでしょうか?

A.内縁のご主人と、その「子」が生計維持関係にあるのであれば、「子」が優先されます。なので、「子」が18歳年度末になってから、あなたが遺族年金をもらえる可能性があります。

配偶者と子は同じ第1順位ですが、優先順位が下記の通りとなっています。

①子のある妻 > ②子 > ③子のない妻

あなたのケースだと「子」の方が優先順位が高いので、子が18歳年度末になって失権するまで遺族年金を受け取れない可能性があります。

Return Top