全国遺族年金相談センター|事実婚、内縁の妻の申請をサポート

全国遺族年金相談センター

【対応地域】 全国対応

0120-994-915

電話受付時間 : 平日9:00~20:00 土日祝9:00~17:00 年中無休

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

市営住宅が理由で遺族年金の受給が難しくなる内縁の妻

内縁関係の遺族年金を専門にしている当センター。だから、よく聞く相談事例。ほんとに多いんです。

「同居してたけど、住民票の住所は別」のパターンに、よくありがちな事情です。

市営住宅に住んでるので、住民票の住所は別

057

どういうケースかと言いますと、

1.内縁の夫が持ち家。内縁の妻は市営住宅。内縁の夫の家で共同生活

なぜ、市営住宅から持ち家に住民票の住所を移さないのか?

・内縁の夫が亡くなったら、内縁の夫の家から出ていなかなくてはならなくなる。そうすると、住む家がなくなってしまう。市営住宅の家賃であれば、払える金額なので、入居資格を保持していたい。

・子供が市営住宅で生活できるように、入居資格を持っておきたい。

2.内縁の夫が持ち家。内縁の妻は市営住宅。内縁の妻の家で共同生活

なぜ、持ち家から市営住宅に住民票の住所を移さないのか?

内縁の妻しか入居資格がない。内縁の夫が住民票の住所を市営住宅に移すと、内縁の妻は市営住宅から退去しなくてはならなくなる。

市営住宅だから、お互いの住民票の住所を同一にできない。

そうすると、遺族年金の請求において生計同一関係を主張する上で、住民票の住所は異なっていたが、同居していたことを証明しなければならなくなります。

となると、遺族年金もらうためのハードルが上がっちゃいますよね。

もちろん、住民票の住所が別だけど、一緒に生活している資料をお持ちであれば、可能性はありますけど。

逆にそういったものがなければ、生計同一関係が証明できないので、遺族年金もらえませんよね。

だから、きちんと一緒に生活していたことがわかるもの。
きちんと残しておきましょうね。

Return Top