遺族年金代行サービス

遺族年金に関する悩み

遺族年金の専門家による豆知識 よく聞かれます Q&A -ご依頼までの流れ- はじめての方 遺族年金受給者へのインタビュー

アルテユース社会保険労務士事務所

〒870-0934
大分県大分市東津留2-10-11
ユナイテッド津留ビル4F

アクセス

ご相談・お問い合わせ

HOME > ブログ > 離婚後 > 離婚した元夫の遺族年金を、元妻がもらうか子供がもらうかで月額約8万4千円も違ってくる話

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る

離婚した元夫の遺族年金を、元妻がもらうか子供がもらうかで月額約8万4千円も違ってくる話

公開日: 2021年2月19日 更新日:2021年2月20日


一定の要件を満たせば、離婚した元夫の遺族年金を元妻が請求できます。

そして、お二人の間に18歳年度末(高校卒業まで)まで又は20歳未満で障害年金の障害等級1・2級に該当する子供さんがいらっしゃれば、子供さんにも受給資格があります。

しかしながら、


「遺族年金を元妻がもらうか、子供がもらうかで金額が大きく異なってくるのをご存知でしょうか?」

結論から申し上げると、元妻がもらえるのであればもらった方が遺族年金の金額が多くなります。

今回は離婚した元夫の遺族年金を、元妻がもらうか子供がもらうかで月額約8万4千円違ってくる話について、解説したいと思います。

1.遺族基礎年金(国民年金)は、子供が受給すると支給停止になる可能性がある

 
例えば、元夫が亡くなり、その遺族年金が

①遺族基礎年金(国民年金分)が78万1,700円(令和3年度価格)
②遺族厚生年金(厚生年金分)が40万円

合計118万1,700円であったとします。

仮に子供が元夫との生計同一関係が認められ、上記①・②の遺族年金を受給できたとしても。

①の遺族基礎年金(国民年金分)の78万1,700円は、子供が母親と同居している(生計同一関係にある)場合、支給停止となります。

つまり、
遺族厚生年金(厚生年金分)の40万円しかもらえないという事になります。


【国民年金法第42条(支給停止)第2項】
子に対する遺族基礎年金は、配偶者が遺族基礎年金の受給権を有するとき(配偶者に対する遺族基礎年金が第二十条の二第一項若しくは第二項又は次条第一項の規定によりその支給を停止されているときを除く。)、又は生計を同じくするその子の父若しくは母があるときは、その間、その支給を停止する。

なお、遺族厚生年金は、遺族基礎年金と違い、上記のような支給停止の条文は無いので、母親と生計を同じくしていても支給停止となりません。

2.元妻は遺族基礎年金(国民年金)を受給できる

 
上記1のケースの場合、子供が遺族年金をもらうことになっても、遺族基礎年金(国民年金)は支給停止と説明しましたが、

元妻が遺族年金をもらうことになった場合、

①遺族基礎年金(国民年金分)が78万1,700円(令和3年度価格)+子の加算224,900円=100万6,600円
②遺族厚生年金(厚生年金分)が40万円

合計140万6,600円もらうことができるので、

月額約8万4千円も、もらえる遺族年金の金額が変わってくることになります。

なお、二人の間に子供が1人であれば、遺族基礎年金の受給額は100万6,600円ですが、

子供が2人いれば、遺族基礎年金は年額1,231,500円(月額約10万2千円)
子供が3人いれば、遺族基礎年金は年額1,306,500円(月額約10万8千円)

となりますので、元妻が受け取るか、子供が受け取るかで全然金額が変わってくることがわかるかと思います

3.元妻が遺族年金をもらうのは条件付き

 
元妻が遺族年金をもらった方が金額が多いということを説明してきましたが、

離婚したら原則、遺族年金はもらえません。あくまでも例外でもらえる可能性があります。

元妻が遺族年金をもらえるかどうかのポイントについては、こちらのページにまとめていますので、ご参照ください。
→ 「離婚した妻の遺族年金請求ポイント」

なお子供が受給する際も、元夫と生計同一関係にあったことが要件となりますので、別居していた場合は、

①経済的援助があった
②音信、訪問があった

という条件を満たす必要がありますのでご注意ください。

まとめ

 
元妻が遺族年金を受給できるのであれば、元妻が請求した方が遺族年金の金額はかなり多くなります。

元夫とは離婚したから遺族年金の請求は子供が請求でと、まずは考えると思いますが、子供が遺族年金を受給しても金額が大きい遺族基礎年金は母親と生計を同じくしている限り支給停止となってしまいます。

そのため、元夫とはやむを得ない事情があり形式的に離婚しただけで、夫婦関係が継続しており、生計を一つにしていたのであれば、離婚した元妻でも遺族年金を受給できる場合がありますので、遺族年金の請求を考えられてみてはいかがでしょうか。

当センターでは、離婚した元妻の遺族年金請求をサポートしておりますので、気軽にご相談ください。




この記事を書いた人

遺族年金専門の社会保険労務士 三浦康紀 アルテユース社会保険労務士事務所 代表

遺族年金専門の社会保険労務士

三浦 康紀
アルテユース社会保険労務士事務所代表

全国47都道府県の方から累計2,000件以上の遺族年金相談に対応してきた遺族年金専門の社会保険労務士。遺族年金代行手続きをサポートした案件の受給率は、96.2%。
「あなたに遺族年金を届ける」がコンセプト。

担当した解決事例

  • 内縁の妻(住民票住所同一、住所別)の遺族年金請求
  • 離婚後の元妻の遺族年金請求
  • 重婚的内縁関係の遺族年金請求(内縁の妻側、戸籍上の妻側共に有り)
  • 通い婚状態の内縁の妻の遺族年金請求
  • 内縁の夫の遺族年金請求
  • 別居して18年の妻の遺族年金請求
  • 元夫との間の子の遺族年金請求
  • 内縁の妻の加給年金請求

代表プロフィール

担当したお客様の声

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

2020/04/04

2021年版 離婚した元妻の遺族年金請求ポイント10選!徹底解説

離婚した元妻の遺族年金の請求について、覚えておいて頂きたいポイント10選をまとめました。 「離婚したら遺族年金は、もらえないのが普通じゃないの?」 「30年も婚姻期間があったから、離婚してももら...

続きを読む

2020/01/26

元夫と再婚したら遺族年金もらえるか?

「元夫と一度離婚している。再婚したら、遺族年金もらえるようになりますか?」 「元妻とヨリを戻せば、遺族年金を遺してあげることができるのか?」 というようなご相談をよくいただきますので、 今日は...

続きを読む

このページのトップへ

遺族年金代行サービス