HOME > ブログ > 6ページ目

ブログ 6ページ目

2015/10/12

本妻がいても、内縁の妻は遺族年金を請求できる。

夫に内縁の妻がいたとしても、遺族年金は戸籍上の妻が当然に受給するものである。と、一般的に思われていそうですが、必ずしもそうではありません。 届出による婚姻関係にある者が重ねて他の者と内...

続きを読む

2015/09/22

何十年も夫婦として生活してたのに、遺族年金をもらえないのは納得できない

遺族年金の相談を受けたり、過去の事例を見てみると、夫の死亡時においては、別居していた。でも、だからといって、それまで何十年も夫婦として生活しており、その間は、夫を支えていたのにもかかわらず、遺族年...

続きを読む

2015/09/22

やむを得ない事情による別居かどうかがポイント

遺族年金の請求の際、死亡時において夫と別居していた(住民票上の住所も異なっていた)場合、 1.単身赴任、就学又は病気療養等の止むを得ない事情により住所が住民票上異なっているが、次のような事実が...

続きを読む

2015/08/16

遺族年金の請求で、事実婚(内縁)関係の証明は、民生委員でいいの?

内縁(事実婚)関係の方で、遺族年金の請求をする際は、「事実婚関係及び生計同一関係に関する申立書」に第三者の証明をもらうことが必要となります。 3親等内の親族は、ダメなんだ。じゃあ、誰からもらえ...

続きを読む

2015/08/15

遺言書で、遺族年金を内縁の妻に残せるか?

遺族年金を内縁の妻に残したい。そのために、遺言書で、 「遺族年金は、内縁の妻が受給する。」 と指定した場合、法的な効力を有し、内縁の妻が遺族年金を受給することができあるのでしょうか? ...

続きを読む

2015/08/14

遺族年金は、5年前までさかのぼって受給できます!

年金を受ける権利は、権利が発生してから5年を経過したときは、時効によって消滅します。 ※国民年金法第102条第1項・厚生年金保険法第92条第1項 なので、遺族年金においては、たと...

続きを読む

2015/08/03

(遺族年金)第三者証明は、量より質。数が多いだけじゃダメ。

こんなことありませんか? 亡くなった方と事実婚関係にあったこと、生計同一関係にあったことについて証明する資料はあまり無いけど、そのことについて証言・証明してくれる民生委員さんや町内会長さん、病...

続きを読む

2015/07/12

内縁関係の遺族年金請求で、なぜ連名のハガキは必要なのか?

内縁(事実婚)関係を証明するために何が必要か? ある人は、本やネットで必要な書類を調べある人は、年金事務所の職員に質問する。すると、次のようなことを見たり、聞いたりするはずです。 「内縁の...

続きを読む

2015/07/07

内縁の妻は、葬儀で喪主をしないと遺族年金をもらえないか?

日本年金機構は、内縁関係を証明するための書類として、葬儀の喪主になっている場合は、葬儀を主催したことを証する書類(会葬御礼の写等)を提出してください。としています。 では、果たして喪主に...

続きを読む

2015/07/06

妻であっても別居していれば遺族年金は支給されない場合がある

当センターでも、よくあるご相談。 「夫とは別居していた。でも、私は妻だ。なぜ、遺族年金を受け取ることができないのか?」 残念ながら、遺族年金を受け取ることができるのは、「妻」でなく...

続きを読む

<<前のページへ1234567

アーカイブ

このページのトップへ

遺族年金代行サービス